トップ > 日々の取材 > 平成27年度 > 平成27年9月の取材

平成27年9月の取材

14日 上浦幌中学校で小麦脱穀体験授業

小麦

 上浦幌中学校(宮村栄治校長、生徒14人)で9月14日、小麦の脱穀作業を体験する学習が行われました。郷土学習「知愛」の一環として、生徒たちが小麦を育て、加工し、食べるまでを地域住民の指導で行っているもの。今年は学校農園内の6アールの畑を使い、「春よ恋」を4月下旬に種まきし、収穫・感想を経てこの日の脱穀となりまし。

 この日は、かつて地域で使われていた足踏み式、電動式、さらにとらくんたーの動力を利用して行うタイプのものを体験。現在は大型コンバインで刈取りから脱穀まで一気にやってしまうことが多いので、自宅が農家の生徒でも自分の手で脱穀をすることは珍しく、皆目を輝かせて取り組んでいました。上浦幌中央小学校の児童も参加しました。

 脱穀した小麦は十勝管内の工場で製粉された後、学校で生徒がアイディアを絞って調理し、食事会を開催して保護者が味わうことになっています。

お問い合わせ先

ページの先頭へ