トップ > 日々の取材 > 平成23年度 > 平成23年9月の取材

平成23年9月の取材

平成23年度敬老会

歌や食事を楽しむお年寄りたち

9月、町内3地区で敬老会が開催され、ご長寿とご健康をお祝いしました。各地区とも歌あり踊りあり笑いあり。美味しい食事を囲み、参加したお年寄りたちは、楽しいひと時を過ごしました。(写真は吉野地区敬老会)「開催地区:吉野地区(9月4日開催)、厚内地区・市街地区(9月11日開催)」

7日 災害対応型自動販売機による共同事業に関する協定を締結

町と北海道コカ・コーラボトリング(株)が協定締結

9月7日、町は北海道コカ・コーラボトリング(株)と「災害対応型自動販売機による共同事業に関する協定」を締結し、協定書手交式および自動販売機運用開始の点灯式を行いました。
この自動販売機は、搭載する電光掲示板により文字情報を表示することが可能で、平常時には町からの防災情報や地域情報を配信しています。また、緊急時には災害情報の配信や、自動販売機内の飲料水の無料提供を行うことができます。
手交式および点灯式には、帯広事業所の白取収所長が来庁。水澤町長は「3月の災害時には飲料水を提供していただくなど、心遣いをいただきたいへん感謝しています。町民の安全を守るため、これからもご協力をお願いします」と話し、白取所長は「協定を締結できたことをたいへんうれしく思います。この自動販売機を使って、リアルタイムで情報を提供され、災害時には飲料水の提供を行っていただきたい」と話していました。
この災害対応型自動販売機は、役場庁舎1階ロビーに設置してあります。

8日 全道大会出場報告

全道大会出場を報告する岸田百香さん

9月8日、上浦幌中学校の岸田百香さん(1年)が17日から網走市で開催される北海道中学校新人陸上大会の女子砲丸投げに出場することが決まり、久門教育長へ報告に訪れました。
岸田さんは8月27日~28日に開催された十勝大会で8メートル52を投げ4位に入賞しました。全道への抱負を聞かれた岸田さんは「9メートル投げるのが目標。練習の成果が出るように頑張りたい」と話し、久門教育長は「練習の成果を出すには緊張しないことが大事、ゆったりした気持ちで頑張ってください」と激励しました。

9日 ふつう救命講習会

人工呼吸の講習を受ける様子

9月9日、救急の日に浦幌消防署(泉初署長)で心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用を学ぶ講習会が行われ、町民17名が参加し、消防署職員の指導のもと、訓練用の人形を使いながら、人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDの使用方法などを実際に体験しました。
心臓や呼吸が止まった人の治療は、1分1秒を争います。そばに居合わせた人による救命処置が重要となります。

栗林建設現場事務所にAED設置

設置されたAED

昆布刈石改良工事を請け負っている栗林建設(株)の十勝太にある現場事務所にAEDが設置されました。
事務所の方は「地域の皆さんの万が一の場合に使用していただければ」と話しています。

13日 親子ふれあい人形劇

人形劇に夢中になる子どもたち

9月13日、中央公民館で「ブーフーウー」による人形劇公演が開催され、会場に集まった子どもたちを楽しませました。

15日 浦幌中学校陸上部全道大会出場報告

全道大会出場を決めた陸上部の生徒たち

9月15日、全道中学校新人陸上競技大会(9月17日~18日、網走市運動公園)と全道中学駅伝競走大会(10月16日、深川市陸上競技場)に出場する浦幌中学校陸上部の生徒たちが教育委員会を訪れ、久門教育長に大会の抱負を語りました。
新人陸上大会には1年生から2年生の部員6名が走り幅跳びなどに、駅伝競走大会には男子8名・女子8名の2チームが参加します。
出場する部員たちは「よい記録を残せるように頑張りたい」「駅伝では今年もチームで支えあって入賞を目指したい」とそれぞれ抱負を語りました。久門教育長は「陸上競技は自分との闘い。辛くてもあきらめないで頑張って」と激励しました。

16日 子ども居場所づくり事業「オーラボロひろば」

クリスマスリースを作る子どもたち

9月16日、中央公民館でオーラポロ広場が開催されました。
今回は、8月に紙粘土で作ったクリスマスリースに色を付けていく作業を行いました。大胆に色付けしていく子や、細かいとこまでていねいに色付けする子、それぞれでしたが、作業する表情は真剣そのもの。出来上がった作品に子どもたちは満足した笑顔を見せていました。

16日 気軽にホッとすたでぃ「地元のすばらしさを上手に撮りましょう」

写真家・大崎和男さんによる講座

9月16日、浦幌町生涯学習公開講座「気軽にホッとすたでぃ」が中央公民館で開催されました。第3講目となる今回は、講師に写真家・大崎和男さんを招き「地元の素晴らしさを上手に撮りましょう」と題して講演をいただきました。
被写体の配置など、講師自ら撮影した写真をもとに、見る人を引き付ける写真の撮り方を教えていただきました。

17日 平成23年度しらかば保育園運動会

懸命に玉入れをする子どもたち

9月17日、しらかば保育園で運動会が開催されました。園児たちは、徒競走やお遊戯、玉入れやチーム対抗リレーなど、13種目の競技を行いました。
応援に駆け付けたお父さん、お母さんたちからの声援を受け、園児たちは元気に走り回っていました。

25日 第36回ふるさとのみのり祭り

うらほろふるさとのみのり祭りの参加者たち

9月25日、第36回うらほろふるさとのみのり祭り(町観光協会主催)が森林公園で開催され、約3万3千人が来場し、秋の実りを楽しみました。
もんすけ&リボンちゃんのステージショーをはじめ、南極料理人西村先生の料理教室や何ン田研二さんの爆笑ライブ、松崎しげるさんの歌謡ステージで会場を盛り上げたほか、恒例のみのりまきでは約3万個のもちがまかれました。
また、中学生が考案したまちのキャラクタ「ウラハ・ホロマ」の着ぐるみが完成し、お披露目されました。その可愛らしい姿に、子どもたちの人気を集めていました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ