トップ > 日々の取材 > 平成23年度 > 平成23年6月の取材

平成23年6月の取材

2日 第44回浦幌町家畜共進会

乳牛、肉牛、馬の審査の様子

6月2日、町家畜共進会場において第44回浦幌町家畜共進会が行われました。乳牛27頭、肉牛26頭、馬10頭が出陳され、体型の審査などに臨みました。審査の結果、乳牛の未経産の部最高位に「ミンセント・ダンディー・アプリコット(佐々木牧場所有)」、経産の部最高位に「ミンセント・ドレーク・ダーク・エンゼル(佐々木牧場所有)」、肉牛の部最高位に「ゆりこ(廣冨一豊さん所有)」、馬の部最高位に「姫子(廣川利明さん所有)」が選ばれました。また、会場では、花や浦幌和牛などの即売会も行われました。

4日 国道38号線万年交差点花壇の植栽

植栽をする参加者たち

6月4日、浦幌町コミュニティ運動推進協議会(山岸嘉一会長)が万年交差点花壇の植栽を行い90名が参加しました。同協議会は、帯広開発建設部のボランティアサポートプログラム事業の協力を得て花壇整備を行っています。また、浦幌ライオンズクラブ(中尾キク子会長)から花苗購入として2万円の寄附、(株)フクタ(福田順一代表取締役)から植栽時の警備員配置、飲み物の提供がありました。
参加者は、昨年に続きクリサンセマムノースポールやマリーゴールドなどの一年草約1,300株の花植えに汗を流しました。

4日 第26回上浦幌中央小学校大運動会

組体操を頑張る生徒たち

テーマ「笑顔~楽しいと思う気持ちを力にかえろ!」のもと、練習の成果を発揮しました。

5日 平成23年度厚内幼稚園・小学校地域合同大運動

縄跳びをを頑張る生徒たち

テーマ「9人の力をあわせて100倍元気!!」のもと、地域ぐるみの運動会が行われました。お昼には恒例となった漁協女性部によるあきあじ汁とかじか汁が振る舞われました。

12日 平成23年度浦幌町立浦幌小学校大運動会

綱引きを頑張る生徒たち

テーマ「心を一つに ベストをつくせ!!」のもと、元気いっぱいに競技に取り組みました。

16日 道の駅うらほろ直売会が寄附

道の駅うらほろ直売会(稲垣和幸代表)が日本赤十字社に寄附

道の駅うらほろ直売会(稲垣和幸代表)が役場を訪れ、「道の駅周辺の環境整備に役立ててほしい」と町に315万円の寄附をいただきました。
水澤町長は「基金を設立するなどし、計画的に使わせていただきたい」と話しました。
また、直売会は、東日本大震災被災地への義援金として50万円を日本赤十字社に寄付をしました。

17日 うらほろ留真温泉でHTB番組収録

十勝を食べつくせ!~原千晶グルメドライブの参加者たち

うらほろ留真温泉で「十勝を食べつくせ!~原千晶グルメドライブ」 (HTB=北海道テレビ)のロケが行われ、タレントの原千晶さん、道内で活躍する俳優の宮嶋総士さん、とかち青空レディの松岡佳那さん、高橋里奈さんが訪れました。
原さんは、露天風呂の撮影の際には「つるつるして美容液みたい。入りたーい!」と腕に温泉のお湯をたっぷりとつけ、名物の鹿しゃぶに「おいしい!やさしい味です」と、留真温泉の魅力を余すことなく伝えてくださいました。
休憩中にはギョウジャニンニクドリンクを楽しんだり、窓の外の景色を眺め「元気になりますね」と笑顔を見せるシーンも。
放送は7月16日土曜日16時からです。ぜひご覧ください。

18日 救援物資被災地へ出発

救援物資被災地へ救援物資を配送

先の東日本大震災で被災した岩手・宮城両県内6市町村への救援物資を届けるため、車輌2台が役場前を出発しました。町は、地場産品を活用した救援物資を送ることを決め、浦幌乳業(株)の「浦幌牛乳」を1万5,600パック用意、運搬するための車輌は(株)北栄運輸(中尾光昭代表取締役)に協力していただきました。出発式で町長は「私たちにできることは限られているが、できることを一つひとつ行っていきたい。町民の気持ちも込めた救援物資を送り届けてほしい」とあいさつ。職員に見送られ被災地に向けてトラックは出発しました。
また、帰りには、町商工会が岩手・宮城両県の商工会を通じ、復興支援の目的で発注した被災地の特産品50万円相当を積んで帰町します。被災地の特産品は、各イベントで販売される予定です。

18日 第1回浦幌町教育の日実践交流会

坂本勤さんによる講演

6月18日、教育文化センターにおいて浦幌町教育の日実践交流会(浦幌町教育の日推進協議会主催、元木一彦会長)が開催されました。
町内各小中学校の親と子の代表者が「早寝・早起き・朝ごはん(あいさつ、ノーテレビデー)運動」の取り組みについて発表しました。子どもたちからは「生活を振り返るきっかけになった」「ノーテレビデーで会話が増えた」などの声が聞かれました。また、親の方からは、「テレビを最初に付けたのは親の方だった」「まずは大人が手本になるべきだ」という声が聞かれました。
発表の後は、元教諭で詩画作家の坂本勤さんから「子どもの心を守る」をテーマに講演がありました。

21日 元町議会議員、故・菅原薫さん旭日単光章を受章

故・菅原薫さん旭日単光章を受章

元町議会議員の故・菅原薫さんに旭日単光章が授与されました。6月21日、水澤町長から親族に勲記と勲章を伝達、町より記念品が贈られました。
菅原さんは、昭和50年から昭和62年まで3期12年にわたり町議会議員を務められ、昭和58年から昭和62年までは産業常任委員会副委員長として、豊かな経験と積極的な行動力を持って、常に公正な判断により、多くの懸案事項の迅速かつ適切な解決に手腕を発揮し、地方自治の発展に貢献した功績が認められたものです。

22日 平成23年度第4分団消防演習

消防演習による放水の様子

上浦幌公民館前にて第4分団の消防演習が松本団長以下25名の参加で開催され、日頃の訓練の成果を披露しました。
応用操法では標的に向かって正確な放水を放ち、見学に訪れた園児や小・中学生から拍手と声援が贈られました。

25日 平成23年度平和祭

黙とうを行う出席者たち

6月25日、戦没者の追悼と世界平和を願い、浦幌町平和祭が東山の平和塔で行われ、遺族や町内関係者ら79名が出席しました。午前10時のサイレンとともに出席者が黙とうを捧げました。
献花の後、浦幌中学校の村松健太君と元木亜美さんが生徒を代表し、「地球上の様々な場所で紛争がおき、たくさんの人々が犠牲になっています。すべての人々が平和で幸せに暮らすことのできる世界に向けて歩んでいけるよう努力することを誓います。」と平和の誓いを述べました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ