トップ > 日々の取材 > 平成23年度 > 平成23年10月の取材

平成23年10月の取材

2日 第1分団秋季消防演習

消火作業の演習

10月2日、浦幌消防団第1分団(福田和夫分団長)の秋季消防演習が浦幌消防署前で開催され、日頃の練習の成果を披露しました。
小隊訓練では、一糸乱れぬ行進を披露したほか、消防操法では正確な放水を披露。見学者から拍手と声援が贈られていました。また、消防操法披露後は、しらかば幼年消防クラブの子どもたちの放水体験も実施。応援に駆け付けた「ウラハ・ホロマ」の声援に、子どもたちも喜んでいました。

3日 厚内・中央寿大学交流会

交流会を楽しむ人たち

10月3日、厚内公民館で中央寿大学の学生と厚内寿大学の学生の交流会が開催されました。
開催にあたり、厚内寿大学の平野学級長は「日頃、顔を合わせない学生とともに学びあうことはありがたい。人的交流を深め、自分のため、何かを得てもらえれば幸い」と歓迎の言葉を述べました。
交流会は、浦幌消費者協会から悪徳商法の手口・その対応について学び、続いて昼食をとりながらの交流。参加者の歌や踊りが披露される中、両大学の学生は交流を深めました。

5日 サクシン・フクタに感謝状贈呈

(株)サクシン(上谷内信雄代表取締役)に感謝状贈呈

(株)フクタ(福田順一代表取締役)に感謝状贈呈

10月5日、厚内漁港周辺の河川と道路の清掃作業およびふるさとのみのり祭り開催に伴う森林公園駐車場周辺の草刈りを実施していただいた(株)サクシン(上谷内信雄代表取締役)と、ふるさとのみのり祭りで駐車場に毎年警備員を配置していただいている(株)フクタ(福田順一代表取締役)の両社に感謝状が贈られました。
感謝状の贈呈を受けた両社は「今後とも何かお役に立てれば」と話し、水澤町長は「みのり祭りの円滑な運営、また、会場の環境美化にご貢献いただき、ありがとうございます」とお礼を述べました。

5日 親子体操でこころとからだの健康づくり

体操をする親子たち

10月5日、「親子体操でこころとからだの健康づくり講座」(子育て支援センター主催)が子育て支援センタープレイルームで開催され、9組の親子が参加しました。NPO法人健康保養ネットワークの福岡永告子さんを講師に招き、「幼児期から始まる身体づくりの大切さ」と題し実技中心の講話を行いました。
からだのバランスチェックや子どもの身体を整えるための体操、また、お母さん向けの基本体幹ストレッチなどを親子で体験、身体づくりの大切さを楽しみながら学びました。

行政書士事務所開設

司法書士・行政書士の伊藤光一さん

帯広市出身で司法書士・行政書士の伊藤光一さんが町市街地に「いとうリーガル総合事務所」を開設しました。伊藤さんは、東京都内の法律事務所に勤務し、司法書士、行政書士の試験に合格。札幌の司法書士事務所で研修後独立を決意。出身地・十勝の中の司法書士不在7町村の内、浦幌に来ることを決め、事務所を開きました。
受ける相談内容は、登記・裁判手続・許認可申請の代理、相続・債務整理、身近なトラブルの相談など。伊藤さんは「司法書士は、当事者同士が納得してトラブルを解決するための仕事。1人で悩んだりせず、気軽に相談してほしい」とお話しされていました。

8日 収穫祭

収穫祭を楽しむ人たち

10月8日、うらほろ収穫祭(町観光協会主催、サンマルコ食品(株)協賛)が道の駅うらほろ特設会場で開催されました。
地元で採れた玉ねぎ、カボチャなどの新鮮な野菜や秋鮭など販売。また、大判焼きなども販売され、道の駅利用客や町民らで賑わいました。また、会場では、カボチャ割りや景品が当たるくじ引きなどが行われたほか、サンマルコ食品提供のコロッケプレゼントもあり、長蛇の列ができていました。

8日 図書館まつり

図書館まつりでの人形劇公演

10月8日、町教育文化センターで音楽あそび絵本のお話し会、ブーフーウーの人形劇公演や食育を学ぶビデオ上映会など、企画盛りだくさんの図書館まつりが開催され、親子連れで賑わいました。
開催に先立ち、布絵本の会(山本ひとみ代表)から布絵本と図書貸出用袋の寄贈がありました。会場にいた子どもたちは布絵本に興味津々。柔らかい絵本を手に取り、その感触を楽しんでいるようでした。
音楽あそびでは、食べ物の栄養を学びながら、歌とリズム遊びを行ったほか、朝読・家読講演会では読み聞かせボランティア「おはなしそらぷちぺっ25」代表の高田芳さんを講師に迎え、家族やお友達と一緒に楽しむ読書法について講演いただきました。高田さんは「子どもたちのよく知っている話を使い、意図的に混ぜた間違いを探させるのもよい。本を読む力より、理解する力、考える力を養っていく読書法「アニマシオン」をぜひ試してほしい」と話していました。

12日 交通安全キャンペーン

持田幸雄支部長が子どもにティッシュなどを渡す様子

10月12日、交通安全街頭キャンペーン(町交通安全協会浦幌支部主催、持田幸雄支部長)が道の駅うらほろ駐車場で行われました。
交通事故死ストップ十勝百日作戦期間に合わせ実施され、浦幌ライオンズクラブの会員も参加して、道の駅を訪れたドライバーや家族連れにパンフレットとティッシュなどを渡し、居眠り防止とシートベルト着用、スピードダウンを呼びかけました。

18日 しらかば保育園やきいも会

美味しそうに焼き芋を食べる子どもたち

10月18日、しらかば保育園(菊野久子園長)でやきいも会が開催されました。秋晴れの空の下、園児たちは美味しそうに焼いもを頬張っていました。

21日 太陽への手紙事業による学校訪問

6年生と町長との懇談

10月21日、太陽への手紙事業による町長の学校訪問が行われ、浦幌小学校6年生と町長との懇談が行われました。

25日 厚内幼稚園やきいも会

美味しそうに焼き芋を食べる子どもたち

10月25日、厚内幼稚園でアンパンマン広場が開催され、厚内幼稚園に通う園児のほか、厚内の子育て支援対象家族も参加してやきいも会が行われました。この日は天気が悪く、室内で蒸かしたお芋を食べることに。その間、園児たちはボールプールなどの遊具で元気いっぱいに遊びました。蒸しあがったお芋を園児たちは「おいしい~!」と笑顔で頬張っていました。会の最後には、練習中のお遊戯も披露してくれました。

29日、30日 浦幌町文化祭

ステージでの演奏発表

10月29日~30日の両日、中央公民館で「心ゆたかな生きがいを求めて」をテーマに浦幌町文化祭が開催され、日頃の成果を披露しました。展示コーナーには、写真や書道など、多くの作品が展示されたほか、芸能発表では吹奏楽や合唱、舞踊などがステージを飾りました。
お楽しみ子ども公演や特別企画の折り紙工作体験コーナーが設けられ、会場は多くの町民でにぎわいました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ