トップ > 日々の取材 > 平成23年度 > 平成24年1月の取材

平成24年1月の取材

1日 初日の出

初日の出

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

4日 平成24年浦幌消防団出初式

団員による分列行進

1月4日、浦幌消防団による出初式が行われました。沿道に駆け付けた町民が見守る中、駅前から中央公民館まで団員による分列行進が行われました。

8日 平成24年浦幌町成人式

成人した42人

1月8日、中央公民館で成人式が行われました。42名の新成人がスーツや羽織袴、艶やかな晴れ着姿で出席。新成人を代表して杉江佐貴絵さんが成人の誓いを述べました。
茶道裏千家浦幌清和会からお茶が振る舞われたほか、上浦幌開拓太鼓保存会、浦幌開拓獅子舞保存会、うらほろサロンコーラスによる歌や演奏が披露され、新成人を祝福しました。新成人たちは、久々に再会した友人たちと二十歳の喜びを分かち合いました。

12日 化石のレプリカづくり教室

レプリカを作る子どもたち

1月12日、教育文化センターで冬休み体験講座「化石のレプリカづくり教室」(町立博物館主催)が開催され、町内外19名の小学生が参加しました。
講師の澤村寛さん(足寄動物化石博物館館長)の説明を聞いた後、参加者はアンモナイトや三葉虫などの化石から1つを選びレプリカづくりに挑戦。石膏を型に流し込み固まるのを待ちました。待ち時間には、土の塊の中に入っている小さなアンモナイトやモササウルスの歯の本物の化石を取り出すミニ発掘も体験。塊を削り化石が出てくると、子どもたちは歓声をあげていました。
石膏が固まり、型から取り出したレプリカは本物そっくり。その出来栄えに子どもたちも満足した様子でした。

13日 栗林建設に感謝状贈呈

栗林建設に感謝状贈呈

1月13日、地域貢献の一環として厚内地区避難指定場所の環境整備や厚内小児童への防災グッズの贈呈、上浦幌中央小の除雪サービスを実施していただいた栗林建設株式会社に感謝状を贈呈しました。
同社は十勝太地域の国道336号の工事と炭山地区で道東道建設工事を行っていた会社。この日は同社代表取締役社長河西健一氏ら2人が来庁。水澤町長は「昨年の大災害を受け、地域防災の必要な時期に貴重な手助けをいただき、たいへんうれしく思います」とお礼を述べ、感謝状を手渡しました。

20日 オーラポロひろば

音楽に合わせて体を動かす子どもたち

1月20日、中央公民館で子ども居場所づくり事業オーラポロ広場が開催され、15名の子どもが参加しました。この日は、お話しぴあのの会(西田祐子代表)のメンバーが音楽を使った遊びで子どもたちを楽しませました。
お話に色々な楽器で効果音を付けながら朗読したり、音楽に合わせてみんなで体を動かしたり、歌って踊って大いにはしゃいで、とても楽しい時間を過ごしていました。

27日 老人福祉計画等答申

答申書を水澤町長へ

1月27日、町老人福祉計画・町介護保険事業計画策定審議会(金澤茂樹会長)は、平成23年11月22日付けで諮問された、町老人福祉計画・町介護保険事業計画(素案)について答申しました。
金澤会長は「精力的かつ慎重に審議を重ねた」と計画の推進にあたっての5つの要望が書かれた答申書を水澤町長に手渡しました。

28日 第1回浦幌町内スピードスケート大会

競い合う参加者たち

1月28日、町民スケートリンクで第1回浦幌町内スピードスケート大会(町スケート協会主催、有坂孟弘会長)が行われ、町内の幼児から中学生までの90名が参加し、各種目に全力で挑戦しました。
晴れ渡る冬空の下、寒さに負けず力走する児童に父母らから声援が送られました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ