トップ > 日々の取材 > 平成22年度 > 平成22年11月の取材

平成22年11月の取材

3日 「浦幌町教育の日」制定宣言 メモリアルイベント

横山一男氏ほか4名のパネリストの演説様子

町教育文化センターで「浦幌町教育の日」制定宣言メモリアルイベントが開催されました。浦幌サロンコーラス、浦幌小学校合唱部、上浦幌中央小学校児童による合唱で開幕。216名の町民が見守る中、岡崎浩明教育委員長が制定宣言を行いました。
横山一男氏(元浦幌中学校校長、前清水町教育長)が「教育の四季」と題して記念講演を行ったほか、4名のパネリストを迎え「うらほろの育み」に基づき、挨拶、早寝・早起き・朝ごはん、ノーテレビデー運動などを切り口にした取組を進める方策について熱い議論が交わされました。

6日 浦幌手打そば愛好会老人ホーム慰問

浦幌手打そば愛好会へ町養護老人ホーム感謝の挨拶を行う

浦幌手打そば愛好会(須藤富康会長、会員11名)が町養護老人ホームを慰問しました。今年で7回目。同会には初段の腕前を持つ会員が3名おり、見事なそば打ちを披露、打ちたてのそばを入所者に振舞いました。
入所者はこの日をとても楽しみにしており、昼食に出されたかけそばを「おいしい」と笑顔を見せ堪能しました。須藤会長は「おいしかったと皆さんに喜んでもらえてうれしい」と話しました。

タンチョウ飛来

タンチョウの親子が畑で餌をついばむ姿

この季節になると、タンチョウの親子が畑で餌をついばむ姿をよく見かけます。今年はめずらしいお客さんも飛来し、愛好家の中で話題になっています。タンチョウ親子と一緒にいるのはカナダヅルの幼鳥(写真左)。渡りの途中で親鳥とはぐれ渡りルートを誤って飛来したと考えられています。2005年11月にもカナダヅルの幼鳥が当町で確認されて以来の2例目です。

7日 第38回浦幌町養護老人ホーム運動会

 職員と楽しく運動会を行う参加者

町養護老人ホームラポロで運動会が行われました。入所者は紅白に分かれ、借り物競走や風船リレーなど各競技に臨みました。職員や家族も競技に加わり、笑いが絶えない楽しい運動会となりました。

年賀状(絵手紙)づくり教室

森代表が参加者にていねいに年賀状をづくりのアドバイス

11月11、18、25日の3日間にわたり、中央公民館で年賀状(絵手紙)づくり教室が開催されました。
絵手紙サークルこぶしの森ひろ子代表から筆の持ち方や色のつけ方まで、絵手紙の基本を習いました。森代表は「ハガキからはみ出すくらい大胆に」とアドバイス。参加者はお手本を見ながらピーマンから書き始め、オンリーワンの年賀状づくりを楽しみました。

11日 交通安全街頭キャンペーン

トラックの運転手に交通安全街頭キャンペーンを呼びかける上浦幌中学校の生徒

上浦幌農協店舗前の道道本別浦幌線で、交通安全街頭キャンペーン(町交通安全協会上浦幌支部主催、後藤篤憲支部長)が行われました。
後藤支部長は「キャンペーンを通して全国ワーストワンの汚名を返上したい」とあいさつ。上浦幌中学校の生徒は、ポスターを掲げてメッセージを添えた手作りの甘納豆をドライバーに手渡し、安全運転を呼びかけました。

とりおばさん写真展

とりおばさん写真展で鳥の写真とメッセージの展示の様子

11月2日から末日まで、町立博物館特別展示ホールで町広報誌に連載中のうらほろ野鳥図鑑でお馴染みのとりおばさんの写真展が開催されました。
平成9年12月号に掲載の第1回から155回すべての記事が展示されました。鳥の写真とメッセージは来場者の心を癒し、浦幌町の自然豊かな環境を象徴しました。

19日 第44回「税についての作文」コンクール

平井昌行池田地区連合会長と第44回「税についての作文」コンクール入賞記念撮影

租税教育の一環として行われている中学生の「税についての作文」コンクールで、浦幌中学校3年の西森雪菜さんが北海道納税貯蓄組合連合会会長賞、木村光咲希さんが十勝池田地区納税貯蓄組合連合会優秀賞、佐藤帆乃果さんが同会佳作を受賞し、平井昌行池田地区連合会長から賞状と記念品が贈られました。
生徒は「まさか自分が入選するなんて」と驚きながらも、受賞を喜びました。

20日 アップビートとかち音楽祭

ルツ・レスコヴィッツさんとエレナ・イサエンコヴァさんと伊藤夢里子さんが曲の合間のトークをする風景

町コスミックホールでオータムコンサート2010in浦幌(町教育委員会、アップビートとかちプロジェクト主催)が開催され160名が華麗な演奏に聴き入りました。
世界的バイオリン奏者のルツ・レスコヴィッツさんとエレナ・イサエンコヴァさんとピアニストの伊藤夢里子さんが夢の共演。モーツァルトのバイオリンソナタ八長調など4曲を演奏、2度のアンコールに応え聴衆を魅了しました。

27日 ナイト・ミュージアム

佐藤芳雄館長が子ども達に展示物の説明を行う

町立博物館(佐藤芳雄館長)でナイト・ミュージアムが開催され町内外から約30名の親子が参加しました。
参加者は、暗闇の中でライトアップされた土器や石器、昔の農耕具や生活用品などの展示資料を見学。佐藤館長の解説を聞きながら、懐中電灯を頼りに館内を探訪し、昼間では味わえない夜の博物館を楽しみました。

27日 うらほろサロンコーラス第35回定期演奏会

うらほろサロンコーラスの演奏

浦幌小学校合唱部の演奏

町コスミックホールで創立35周年記念うらほろサロンコーラス定期演奏会が開催されました。
井下まさの代表は「苦節35年。好きだからこそ歌ってこられた。これからも子どもたちと一緒に歌い、歌の輪を広げていきたい」とあいさつ。浦幌小学校合唱部の清らかな歌声とともにステージを繰り広げました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ