トップ > 日々の取材 > 平成20年度 > 平成21年3月の取材

平成21年3月の取材

1日 第33回あいフェスティ

ふれあいフェスティにて笑顔でマイクを持って講演する湯浅優子さん

3月1日、中央公民館で第33回浦幌女性あいフェスティ(浦幌町女性団体連絡協議会主催)が開催されました。
今を学ぶコーナーでは、北海道健康をまもる地域団体連合会道東ブロック主催による「幸せな食卓で健やかに生きる」をテーマに北海道スローフード代表の湯浅優子さんによる講演がありました。
湯浅さんは、地産地消や食の大切さなどをわかりやすく話しました。
会場2階では、趣味作品の展示や浦中3年生が発案したキャラクタシールを販売。午後からは芸能発表が行われました。

5日 浦中3年生ふつう救命講習

体育館でふつう救命講習をうけている学生

3月5日、浦幌中学校(高橋康伸校長)3年生38名がふつう救命講習を受けました。高橋校長は「いざという時のために早い時期から知識を身につけておくことは大切。」として去年から実施しています。
激男AED(浦幌消防職員3名)の初公演となるAEDの使い方の寸劇が行われた後、生徒は救命士の指導を受けながら訓練用の人形を使い意識の確認や人工呼吸、AEDの装着などを体験しました。

6日 町建設業協会が除排雪

ショベルカーとスコップで除雪作業している写真

3月6日、浦幌町建設業協会(小島勇一会長)が通学通、スポーツセンター駐車場の一部の除排雪をボランティアで行いました。
作業員40名が数カ所に分かれて、歩道際に高く積み上げられた雪をスコップでていねいに取り除きショベルカーで一気に排雪しました。
建設業協会では、地域貢献の一環としてボランティアで行っていますが、今年は特に降雪が多く、歩行者や車が横断する際に見通しが悪かったため、排雪により、安心して通行できるようになりました。

13日 町内中学校で卒業式

泣きながら体育館を去る卒業生

3月13日、浦幌中学校と上浦幌中学校で卒業式が執り行われました。
浦幌中学校では、卒業証書を受け取った生徒が一人ひとり3年間の思い出や両親への感謝の気持ちを述べました。
涙で言葉を詰まらせながらもたくさんの「ありがとう」を伝えました。

浦幌消防団第2分団

北海道消防操法訓練大会優勝に向けて体育館で訓練している写真

7月23日に江別市で開催される北海道消防操法訓練大会への出場を控える東十勝消防事務組合浦幌消防団の吉野地区の第2分団(小島博文分団長、団員21名)が優勝目指して週4日の訓練に励んでいます。
大会に出場(5名)する指揮者の出口克己さんは「第2分団が一つになって優勝目指す」、3番員の山本泰啓さんは「今までの練習の成果を十分に発揮したい」と意気込を語りました。

13日 一世一代時代組駅前のゴミを成敗!

一世一代時代組メンバーと交流した小学生で記念撮影

3月13日、全道で殺陣を取り入れながらゴミ拾いを行っている、パフォーマンスグループの「一世一代時代組」が浦幌町を訪れ、駅前のゴミ拾いをしました。
ゴミ拾いの後は、農業体験や上浦幌小学校で殺陣や歌を披露して交流をしました。
リーダーの渡辺氏は「色々なところを見てきたが浦幌町はとてもゴミが少なくてきれい。
次は農作物の収穫時期の来てみたい」と話しました。

16日 障がい福祉計画・障がい者計画策定審議会

熊沢会長が「町障がい者計画・障がい福祉計画(素案)」答申を水澤町長に手渡している写真

3月16日、浦幌町障がい福祉計画・障がい者計画策定審議会(熊倉敍之会長)は、平成21年2月10日付けで諮問された「町障がい者計画・障がい福祉計画(素案)」について答申しました。
熊倉会長は「障がい者の立場に立った情報提供と福祉サービス、障がい者の権利擁護と児童に関するサービスの充実を図られたい」などの附帯意見を付けて、精力的に慎重に審議した答申を水澤町長に手渡しました。

23日 町建設業協会

小島勇一会長が新一年生にかきかたペン、紅白帽子、跳び縄を贈るために大谷教育長に渡している写真

3月23日、浦幌町建設業協会(小島勇一会長)が新一年生(町内4校34名)にかきかたペン(2本組)、紅白帽子、跳び縄の34セットを贈りました。
小島会長は「地域の子どもたちが健やかに育つこと、少しでも保護者の負担を軽減できれば」との思いから新入学児童が学校で使うものを寄贈しました。
大谷教育長は「たいへんありがたい。皆様の暖かい気持ちを添えて子どもたちに伝えていきたい」とお礼と感謝の気持ちを述べました。

23日 旭日単光章を受章

旭日単光章を入院中の夫に代わり妻の陽子さんが受け取っている様子

平成21年3月1日付けで元町議会議員の佐藤繁信氏(帯広市在住)が旭日単光章の発令を受けました。
3月23日、十勝支庁応接室にて、十勝支庁の松村地域振興部長より入院加療中の繁信さんに代わり妻の陽子さんに勲記と勲章が伝達されました。
同席した水澤町長からは記念品が贈られました。
佐藤氏は、昭和46年5月から平成7年4月までの6期24年間にわたり町議会議員として地方自治の発展に貢献された功績が認められ受賞されたものです。
佐藤さんは、議員在任中、産業常任委員会委員長を2期、模範牧場運営委員会委員を16年間務められ、本町の基幹産業である第1次産業の振興に尽力されました。
また、浦幌町交通安全協会吉野支部長を永く務められ、地域内における交通事故防止活動に尽力されました。

25日 十勝太漁協婦人部

十勝太漁協婦人部の代表が手縫いの雑巾を寄付している様子

3月25日、十勝太漁協婦人部(市川藤子代表、部員12名)が手縫い雑巾75枚を寄贈しました。
市川代表は「3年ほど前から自分たちにできることはないかと話し合ってきた。
少ない部員のために時間はかかったが雑巾を縫った。
各施設で使って欲しい」と寄贈に至るまでの思いを語りました。
水澤町長は「雑巾は毎日使うものでたいへんありがたい。
町内の各施設で使わせていただく」とお礼と感謝の気持ちを述べました。

25日 平成20年度浦幌町自治功労者・教育功績者等表彰

浦幌町自治功労者・教育功績者等表彰式で表彰されている様子

3月25日、町教育文化センターで浦幌町自治功労者・教育功績者等表彰式が行われました。受賞者は次の通り。(敬称略)

自治功労者

  • 十字顯
  • 斉藤利行
  • 有坂孟弘
  • 竹村辰夫
  • 佐藤道人

​教育功績者

  • 部田祐司
  • (株)栄進土木工業 代表取締役 堀井潔
  • 佐藤泰彦
  • 佐藤勇一
  • 西田祐子

文化奨励賞

  • 山村幹雄
  • 森啓之介
  • フォトサークル・21
  • 大塚美沙希

スポーツ最優秀選手賞

  • 北村航也

スポーツ優秀選手賞

  • 淡路由香
  • 第15回十勝剣道祭浦幌剣道連盟Aチーム
  • 竹田電気ウラホロ

少年文化賞

上浦幌中央小学校3・4年生3班

  • 古川絢音
  • 北原卓実
  • 杉山りおん

上浦幌中央小学校児童会生活部

  • 弓削翔太
  • 佐藤薫
  • 星川柊季
  • 北原滉己
  • 江ノ上茜
  • 古川絢音
  • 笹島優香
  • 渡邊優香 

上浦幌中央小

  • 北原卓実
  • 杉山りおん

上浦中

  • 弓削仁美

浦幌中

  • 杉村俊英
  • 富田恭平
  • 秋山麗美
  • 福田あかね
  • 諸澤未来
  • 秋田紀恵

少年スポーツ賞

上浦幌小

  • 岸田百香
  • 林可奈子

浦幌小

  • 中田翔洋

浦幌中

  • 近江芽生
  • 熊谷徳哲

読書感想文コンクール入賞者

小学校(1年生)

  • 最優秀賞:田村悠斗
  • 優秀賞:伊場遥
  • 佳作:大塚理央奈、笹島侑斗、渡邊椋

小学校(2年生)

  • 最優秀賞:堀川季映、朴萌花
  • 優秀賞:米地可奈美
  • 佳作:田村美桜、長代琉花、田野拡

小学校(3年生)

  • 最優秀賞:大塚春奈
  • 優秀賞:林茉那美、渡邊優香
  • 佳作:濱田稜麻

小学校(4年生)

  • 最優秀賞:関井瞭
  • 優秀賞:田野和良、谷川あやめ
  • 佳作:岸田百香、西拓夢

小学校(5年生)

  • 最優秀賞:該当者なし
  • 優秀賞:朴虹歩
  • 佳作:吉仲玲奈、早瀬友希

小学校(6年生)

  • 最優秀賞:林可奈子
  • 優秀賞:上村優唯、賀下世羅
  • 佳作:志賀花澄、江ノ上茜、神田祐華

​中学校

  • 最優秀賞:該当者なし
  • 優秀賞:志賀あずさ
  • 佳作:林南実

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ