トップ > 日々の取材 > 平成18年度 > 平成18年9月の取材

平成18年9月の取材

1日 株式会社西岡建設がボランティア

西岡建設の皆さんと、園児たち

株式会社西岡建設が地域貢献の一環として、厚内幼稚園(枝松隆則園長、園児4名)園舎周りと町有地の草刈をボランティアで行いました。厚内キャンプ場跡の波消し用テトラポットを入れる工事を請け負っている同社は、「子どもたちに環境のよいところで元気に遊んでほしい」として実施。
同園では、「環境整備が行き届かないところだったので助かりました」と話していました。

2日 しらかば保育園運動会

運動会で元気いっぱい楽しむ園児たち

しらかば保育園(菊野久子園長、園児37名)で運動会が行われました。今年は寄贈された芝生を利用した競技もあり、園児たちは元気いっぱい楽しんでいました。
当日は老人ホームのおじいちゃん、おばあちゃんも玉入れに参加、澄みきった青空の下可愛い園児たちとともに楽しんでいました。

4日 生涯学習公開講座

吉村典子教授による講義の様子

生涯学習公開講座が中央公民館で開催されました。「こころ」をテーマに、「夢の心理学」と題して、帯広大谷短期大学吉村典子教授の講義を20名が受けました。夢とは何か?心理学の立場から解説されました。

9日 普通救命講習会

普通救命講習会を真剣に取り組む参加者

普通救命講習会が、浦幌消防署で開かれました。町民約24名が参加、心肺蘇生法や異物の除去方法、AED(自動体外式除細動器、電気ショック)の使い方などを身につけました。受講生は「見て、聞いて、感じて」という言葉を繰り返しながら真剣に取り組んでいました。

10日 浦幌バレエ研究所創設25周年記念チャリティ浦幌バレエ発表会

チャリティ浦幌バレエ発表会にて演舞する女性たち

チャリティ浦幌バレエ発表会の全体の様子

浦幌バレエ研究所創設25周年記念並びにチャリティ浦幌バレエ発表会が町総合スポーツセンターで開催されました。2年に一度の地元開催となるこの度の発表会は、チャリティとなっており、受付には募金箱が用意され集まった募金は町福祉協議会などに寄付されるとのことです。公演は、第1部「小品集」(ヒップホップ・バレエ)、第2部「コッペリア」(コミカル歌劇)から構成され、浦幌の研究生39名、帯広の研修生13名が演舞し、会場からは大きな拍手がわいていました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ