トップ > 日々の取材 > 平成18年度 > 平成18年10月の取材

平成18年10月の取材

6日 町内5園合同遠足

5つの園の園児たちが集合している様子

元気に遊ぶ園児たち

町内の幼稚園(厚内・吉野・浦幌)、保育園(しらかば・上浦幌ひまわり)の5園合同による遠足が町森林公園で開催され120名の園児たちが元気に遊びました。
今年で5年目を迎える合同遠足は、浦幌幼稚園としらかば保育園が毎年交替で担当し、先生たちはこの遠足のために合同で会議をもって準備をしています。幼稚園・保育園の交流が行われるのは管内でもめずらしく、浦幌幼稚園田中園長は、「町内の園児が集まるので交流を深め、小学校に行くときのお友達づくりを目的としている。また、幼保一元化の狙いもある。」と話しました。
あいにくの曇り空で少し肌寒い気候でしたが、園児たちはたくさん友達をつくり、かけっこやフォークダンス、年齢別に分かれ公園内を探索するなど楽しい一日を過ごしました。

9日~12日 うらほろ通学合宿

うらほろ通学合宿参加者の集合写真

自炊をしている子どもたち

4日間にわたり、教育委員会主催による「うらほろ通学合宿」が中央公民館において行われました。浦幌小学校に通う4年生~6年生までの児童13名が参加、北海道教育大学釧路校の学生や寿大学の皆さんにお手伝いをしていただき、自炊や掃除などの共同生活をしながら通学しました。
この事業は異年齢での共同生活の中で責任感や思いやりの心と自立心を育み、人間関係や社会性を形成することをねらいとしたもので、参加した児童は「早起きして朝食を作るのはたいへんだったけど、みんなで料理を作るのは楽しかった、また参加したい」と話していました。

11日 吉野幼稚園避難訓練

消防車の前で写真を撮る園児たち

吉野幼稚園で避難訓練が行われました。
園児たちは放水体験や消防車の試乗などの体験をした後、「火遊びはしません」と大きな声で誓っていました。
当日はお母さんたちも、止血方法や誤飲した時の対処の仕方など救急時の措置を学びました。

19日 焼きいも会

釜戸でさつまいもを焼く様子

できあがった焼いもをほおばる園児たち

浦幌幼稚園グランドで、子育て支援センターと浦幌幼稚園の園児たちが、秋の風物詩「焼きいも会」(子育て支援センター主催)を楽しみました。
澄み渡る秋晴れの中、風もなく絶好の焼きいも日和。
この日のために、園児たちは、落ち葉を一生懸命拾い集めました。また、地域の方の協力もあって、たくさんの落ち葉を用意することができました。
アルミホイルに包んださつまいもを釜戸に入れて、落ち葉をかけます。後は、鍋奉行ならぬ釜戸奉行(?!)の園長先生にお任せして、焼き上がるまで、焼きいもジャンケンをして待ちました。
待つこと約1時間。ホクホクの焼きいもが出来ました。園児たちは、「おいしい~!」と笑顔でアツアツの焼きいもを頬ばっていました。

20日 むじーく・遊コンサート

釧路教育大学交響吹奏楽部によるコンサートの様子

中央公民館で釧路教育大学交響吹奏楽部によるコンサートが行われました。
音楽に合わせてブラックライトで演出した「シンデレラ」や美空ひばりメドレーが演奏され、来場者からは手拍子がおこり大いに盛り上がりました。
また、浦中吹奏楽部とのジョイントもあり、大学生のお兄さんお姉さんと混じっての演奏は少し緊張した様子でしたが、聞きに来たお客さんからは盛大な拍手をもらっていました。

21日 図書館まつり

手品ショーを楽しむ園児たち

絵本のお話会を楽しむ園児たち

町教育文化センター(らぽろ21)で図書館まつりが開催され、約150人が参加し、山村照雄さんご夫妻(吉野在住)による手品ショーや、「ぐりとぐら」の皆さんによる「絵本のお話会」、西田祐子ピアノ教室による「朗読とピアノのお話会」、人形劇団「ブーフーウー」による人形劇などが行われました。
参加した子どもたちは1日図書館で楽しみました。

21日 輝く女性のライフワーク平成18年度夢講座・牛乳消費拡大キャンペーン

小泉優子先生の講義を受ける受講者

地元産の牛乳を使った料理

町コスミックホールの調理室で、弥生ホームベーキング&クッキングの小泉優子先生を講師に迎え、地元産の牛乳を使って手軽にできる牛乳料理教室(浦幌町女性連絡協議会主催)が開催されました。
全国的な飲用牛乳の消費低迷、乳製品の過剰在庫による牛乳の生産環境は、非常に厳しい状況にあり、町の基幹産業をなしている酪農が大きなダメージを受けています。酪農経営環境の安定化に資するため各関係機関が賛同協力して、牛乳消費拡大キャンペーンを実施しています。この料理教室も、キャンペーンの一環です。
北村女性連会長は、「敬老会、みのりまつりで牛乳をプレゼント。また、家庭でも牛乳、乳製品を使った料理をつくり、少しでも牛乳消費拡大に努めていきたい。」と挨拶しました。
この日は、「北海ミルク鍋」、「さんまの梅チーズ巻き」、「大根とチーズの梅しょうゆドレッシング」、「ヨーグルトかん(杏仁豆腐風)」をつくりました。
出来上がった料理をみんなで試食ながら、「おいしい。レパートリーに取り入れよう。」と楽しく話していました。

28日~29日 平成18年度浦幌町文化祭

写真や書道、絵画などの作品展示

歌や踊りなどの芸能発表の様子

町中央公民館で、「心ゆたかな生きがいを求めて~薫り高い郷土の文化を高めよう」をテーマに文化祭が開催されました。
写真や書道、絵画などの作品展示部門と歌や踊りなどの芸能発表部門があり、文化団体・サークル等の方々が日頃の文化活動の成果を披露しました。
また、人形劇や将棋大会、バザーなどもあり大人から子どもまで文化に触れた二日間でした。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課広報広聴係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ