トップ > 浦幌町の組織とその仕事 > 議会事務局 > 平成27年議会のうごき

平成27年議会のうごき

議会広報編集特別委員会(1月14日)

 議会広報編集特別委員会は、12月開催の第4回定例会などの情報をお知らせする「議会だより第166号」の編集作業を行った。議会だよりの発行にあたっては、定例会中の12月1日を第1回目とし、12月24日、1月7日、1月14日の計4回開催した。

 発行前最終確認の第4回議会広報編集特別委員会には、議長も出席し、最終校正を行った。委員会としては、今後も引き続き、わかりやすく、見やすい編集に努め、町民に親しまれる議会だよりを目指し活動していく。

 なお、「議会だより第166号」は、1月26日の発行です。

総務文教厚生常任委員会(1月19日)

 総務文教厚生常任委員会は、平成26年第4回(12月)町議会定例会で委員会付託となった「浦幌町債権管理条例の制定」について、審査した。
 これまで町は、滞納金徴収プロジェクト会議を中心に、金銭の給付を目的とする町の債権のうち、滞納となっている債権の集約と滞納者の情報交換を実施しながら、所管課において滞納圧縮に努め、平成24年、全庁的な観点から債権管理の適正化を推進するため、債権管理条例の必要性を検討する一方、未収債権の実態調査を実施し、所管課と滞納者に対する対応等の調整を図ってきた。 その結果、町の債権全般の管理について職員共通の認識を持ち、その手法を共有し、法令に基づいて確実な回収に努めるという基本姿勢を明確化し、徴収手続きや回収不能となった債権の取り扱いの基準を定め債権管理のさらなる適正化を図るため、本条例の提案がされた。
 この日、条例の概要説明がされ、条文ごとに質疑し、今後の町の体制や事務処理についての確認を行った。
 委員会としては、引き続き2月13日に常任委員会を開催し、条例を審査する。
 

議会報告会(2月9~10日)

厚内公民館

中央公民館

上浦幌公民館

吉野公民館

 2月9日に厚内公民館、中央公民館、2月10日に上浦幌公民館、吉野公民館において、平成26年度議会報告会を開催した。
 議会報告会については、以前から町民との対話集会などとして開催してきたが、議会基本条例施行後としては2回目となる報告会で、今年度は各公民館単位の4会場での開催とした。
 議会基本条例では、毎年1回は必ず開催することとしているが、初の4公民館で開催ができ、各地域の方との意見交換ができた。
 議会報告会では、1年間の議会の活動内容の報告と今期4年間の議会活性化の総括を説明。また、意見交換として、町政の課題等について話し合った。
 

第1回臨時会(2月13日)

 第1回臨時会は、2月13日、1日間の会期で開かれた。
 一般議案では、専決処分の報告、専決処分の承認、南町団地公営住宅の取得、一般会計補正予算を審議可決した。

総務文教厚生常任委員会(2月13日)

 総務文教厚生常任委員会は、平成26年第4回(12月)町議会定例会で委員会付託となった「浦幌町債権管理条例の制定」について、1月19日の第1回に引き続き審査した。
 この日も、1月19日に引き続き、条例の概要説明がされ、条文ごとに質疑し、今後の町の体制や事務処理についての確認を行った。
 委員会として、全会一致で原案を可決した。このため、3月定例会において報告し、本会議で採決することとなる。

模範牧場、町道整備箇所、南町団地公営住宅現地視察(3月5日)

 3月5日、模範牧場において整備された畜舎及び哺育舎及び平成26年度に整備された町道並びに南町団地公営住宅の現地視察を行った。
 現地では、完成後の状況や利用状況について、概要説明を受け、確認を行った。

第1回定例会(3月9日)

 第1回定例会は、3月9日~18日の10日間の会期で開かれた。
 定例会初日の9日は、浦幌中学校の3年生41名が社会科授業の一環として議会を傍聴した。
 昨年から浦幌中学校の3年生が傍聴しているが、本年は、条例の制定、一部改正の審議などについて傍聴した。

第1回定例会(3月13日)ナイター議会【一般質問】

 第1回定例会の2日目、午後6時からナイター議会を開催し、一般質問を行った。
 今期、最後の一般質問となるもので、3人の議員が登壇し、町政をただした。

第1回定例会(3月16日~17日)予算審議

平成27年度予算を審議

予算説明のようす

第1回定例会(3月18日)最終日

水澤町長からあいさつ

定例会終了後、全国町村議会議長会表彰の伝達

表彰された3議員

定例会最終日の全議案の審議終了後、水澤町長から第1回定例会の審議及び今期4年間の町政運営に係るお礼のあいさつが述べられた。
また、このたび、全国町村議会議長会自治功労者として表彰された議長及び議員に対して、表彰状の伝達がされた。
表彰については、次のとおりです。田村議長(議長として7年以上)、野村副議長、阿部議員、河内議員(議員として15年以上)。
 

議会運営委員会(3月24日)

 議会運営委員会は、第1回定例会ナイター議会のアンケート結果、議会の評価、4月から新たに委嘱する議会モニターの決定、第1回議会モニター会議などについて協議した。

議会運営委員会・執行機関協議(3月24日)

 議会の活性化を始めてから、毎年、執行機関協議を開催しているが、今年度最後の執行機関協議を開催した。
 執行機関協議については、議会の活性化や議会の評価後の具体的な施策を行うに当たり、単に議会だけが実施するものばかりではなく、執行側と協議し進める事もあるため、開催しているものである。
 この日は、改選時期を迎えることから、議会ネット中継、議員研修、まちづくり計画の実施計画等について、今後実施していく予定の内容について報告した。また、平成27年度以降策定予定の各種計画について確認を行った。
 

第5回議会モニター会議(3月24日)

任期最後となる議会モニター会議

議会モニターと議員で記念撮影

議会の評価公表(3月31日)

 議会基本条例第27条では、「議会は、常に、この条例の目的が達成されているかどうかの検証を議会運営委員会において行う」と規定しています。
 議会は、町民のみなさんに議会及び議員の活動内容を周知し、情報を共有することが重要であります。
 このたび、平成25年4月から施行した議会基本条例に基づき、平成26年度の議会の評価を行い、町民の皆さんに公表するものです。(別のページ(議会の評価)で詳しく公表しています)
 今後は、この評価をもとに改善点の具体的取り組み内容を精査し、平成27年度に改善に向けて取り組んでまいります。

議会モニター委嘱状交付式及び第1回議会モニター会議(4月14日)

議長から委嘱状の交付

今回委嘱された議会モニター(6人)

議会及び議会モニター制度概要説明

議会広報編集特別委員会(4月15日)

 議会広報編集特別委員会は、3月開催の平成27年第1回定例会などの情報をお知らせする「議会だより第167号」の編集作業を行った。議会だよりの発行にあたっては、定例会中の3月9日を第1回目とし、4月10日、4月15日の計3回開催した。

 発行前最終確認の第3回議会広報編集特別委員会には、議長も出席し、最終校正を行った。委員会としては、今回、任期最後の議会だよりの発行となるため、今期4年間の議会の活性化の取り組み内容を紹介する特集記事を盛り込んだ。

 なお、「議会だより第167号」は、4月27日の発行です。

当選証書付与式(4月30日)

選挙管理委員長から当選証書の付与

当選証書を手にした町長と議員

初議会運営打ち合わせ会議(4月30日)

5月8日の初議会(第2回臨時会)の運営について、事務局から説明。

第2回臨時会(5月8日)初議会

初議会のようす

議長選挙の投票のようす

町長から議会招集のあいさつ

新たな議会構成が決定

議会改革度調査ランキング2014 全国137位(5月19日)

 5月19日、毎年、早稲田大学マニフェスト研究所が調査している「議会改革度2014ランキング ベスト300」が発表となり、浦幌町議会が全国137位(昨年112位)となった。(1503議会からの回答中)
北海道では、芽室町議会が1位、福島町議会19位、栗山町議会21位、釧路市議会54位、登別市議会74位、旭川市議会136位と次いで浦幌町議会であり、全道では7位という評価となった。
 平成25年4月に議会基本条例を施行し、一問一答、反問権、議会モニター、議会広報の充実、議会の評価など、開かれた議会、町民参加を推進する議会を目指して活動してきたことが評価された。
 引き続き、議会として、議会基本条例をもとに活動していく。

第3回臨時会(5月21日)

 第3回臨時会は、5月21日、1日間の会期で開かれた。
 一般議案では、町税条例等の一部改正など4件、一般会計補正予算について審議可決した。

第2回定例会(6月8日)

 第2回定例会は、6月8日~15日の8日間の会期で開かれた。
 改選後初の定例会となることから、町長の執行方針、教育委員長の教育行政執行方針で所信が述べられた。
 平成27年度予算は、骨格予算であることから、選挙後の初の今定例会において、政策予算として給食費の無料化などを盛り込む一般会計補正予算他4特別会計補正予算、㈱ユーエムの経営状況等報告のほか、ふるさとづくり寄附条例の一部改正など審議可決した。

執行方針を述べる町長

教育行政執行方針を述べる教育委員長

第2回定例会(6月12日)【一般質問】

12日の一般質問では、4人が登壇し、7項目にわたり理事者の考えをただした。

第2回定例会(6月15日)

 最終日には、任期満了に伴う固定資産評価審査委員、公平委員、監査委員の選任を同意議決した。
 議会提出議案は、常任委員会から5件の意見書の提出について可決した。
 また、改選後の取り組みとして、第二次議会の活性化をスタートさせることを決定し、あわせて議員定数11人に対して10人の議員となったことから、欠員に対する問題について、今後、議会としての立場で検証していくことも決定した。
 今回の統一地方選挙では、浦幌町議会を含む4町村が欠員となり、北海道では浦幌町議会のみとなる。
 今後、議会報告会、一般会議、講演会を開催するなど、町民の皆さんとも意見交換していく。

最終日には、任期満了に伴う固定資産評価審査委員、公平委員、監査委員の選任を同意議決した。
 議会提出議案は、常任委員会から5件の意見書の提出について可決した。
 また、改選後の取り組みとして、第二次議会の活性化をスタートさせることを決定し、あわせて議員定数11人に対して10人の議員となったことから、欠員に対する問題について、今後、議会としての立場で検証していくことも決定した。
 今回の統一地方選挙では、浦幌町議会を含む4町村が欠員となり、北海道では浦幌町議会のみとなる。
 今後、議会報告会、一般会議、講演会を開催するなど、町民の皆さんとも意見交換していく。

北海道町村議会議員研修会(7月7日)

 7月7日、札幌コンベンションセンターで、道内約2000人の町村議会議員が集い、「平成27年度北海道町村議会議員研修会」が開かれた。
 講演では、中央大学名誉教授の今村都南雄氏が「地方議会を取り巻く最近の動向」として、現在進めている「まち・ひと・しごと創生」政策をどうみるか、また、テレビ朝日コメンテーターの川村晃司氏から「これからの政局・政治動向」と題して女性議員増加の必要性や政治とは「税に始まり税で終わる」など、力説された。

北海道内約2000人の議員が集った研修会

研修を受ける議員

「本気の婚活」十勝♡浦幌町へお嫁に行こうツアーを札幌でPR(7月7日)

婚活イベントチラシを札幌で配布協力(全議員)

HBCカーナビラジオのパーソナリティYASUさんなど、PRに参加した人で記念撮影

議員のなり手不足問題で札幌大学教授と意見交換(7月8日)

 今年4月の統一地方選挙において、浦幌町議会議員選挙では、定数を13人から11人に削減し実施しましたが、10人の立候補で無投票当選となりました。
 このことから、改選後すぐに、議員のなり手不足の検証を進めることを確認し、その第一歩として、学識経験者との意見交換を行いました。
 意見交換をさせていただいたのは、札幌大学の浅野一弘教授で、浦幌町議会の過去の情報をもとに、さまざまな角度から解決策を見出す必要性があることなど、意見交換をしました。
 浦幌町議会としましても、今後、活性化講演会、議会報告会、一般会議などを開催し、町民の皆さんとも意見交換してまいります。

浅野教授と意見交換

大学内を視察し、浅野教授と写真撮影

議会運営委員会(7月15日)

  改選後、初の定例会(6月)において、第2次議会の活性化をスタートさせることを決定し、あわせて議員定数11人に対して10人の議員となったことから、欠員に対する問題について、今後、議会としての立場で検証していくことも決定したが、その進め方や今後のスケジュール等について、議会運営委員会で協議した。
 議員のなり手不足問題は特に喫緊の問題であり、第2次議会の活性化として5つの視点に盛り込み、今後協議していく。
 (※詳細は議会だより第168号PDFファイル(1191KB)に掲載します)
 今回の統一地方選挙では、浦幌町議会を含む4町村が定数割れとなり、北海道では浦幌町議会、そのほかの地域では東京都神津島村、新潟県粟島浦村、長野県南牧村であった。

議会広報編集特別委員会(7月15日)

 議会広報編集特別委員会は、5月の臨時会(初議会)、6月開催の第2回定例会などの情報をお知らせする「議会だより第168号」の編集作業を行った。議会だよりの発行にあたっては、定例会中の6月8日を第1回目とし、7月1日、7月9日、7月15日の計4回開催した。

 発行前最終確認の第4回議会広報編集特別委員会には、議長、副議長も出席し、最終校正を行った。委員会としては、今後も引き続き、わかりやすく、見やすい編集に努め、町民に親しまれる議会だよりを目指し活動していく。

 なお、「議会だより第168号」は、7月27日の発行です。

議員協議会(7月15日)

 第2次議会の活性化の進め方等について、議会運営委員会で協議した内容の報告と各議員から提出された活性化の検討項目について、内容確認を行った。
 今後は、1項目ずつ協議検討していく。

委員会協議会【総務文教厚生常任委員会】(7月15日)

 総務文教厚生常任委員会は、今後予定している行政視察内容について協議した。
 9月定例会の時の所管事務調査の提案に向け、各委員間の自由討議を行った。

委員会協議会【産業建設常任委員会】(7月15日)

 産業建設常任委員会は、今後予定している行政視察内容について協議した。
 9月定例会の時の所管事務調査の提案に向け、各委員間の自由討議を行った。

第23回東部十勝4町議会議員パークゴルフ大会【議員会】(7月24日)

東部十勝4町議会議員約50名が参加

パークゴルフを通じて交流(うらほろPG場)

議会運営委員会(7月30日)

 第2次議会の活性化で、今後の進め方などについて議会運営委員会で協議した。
 議会の活性化の主な内容については、議会だより168号に掲載のとおりです。
 

 議会だよりの掲載内容PDFファイル(1191KB)

議員協議会(8月3日)

 3日議員協議会では、第2次議会の活性化において今後協議に入ることを踏まえ、各種資料に基づき勉強会を開催した。

議会運営委員会・執行機関協議(8月3日)

 3日議会運営委員会では、今後の第2次議会の活性化を進める上で、具体的な施策を進めるための執行機関協議を行った。

委員会協議会【総務文教厚生常任委員会】(8月3日)

総務文教厚生常任委員会は、今後予定している行政視察内容について協議した。

議会行政視察来町(8月6日)

  6日、由仁町議会総務文教常任委員会が本町を訪れ、移住体験住宅及び定住促進について視察された。
 また、この後、移住体験住宅の現地視察も行った。

全道議会広報研修会(8月19日)

グラフィックデザイナーの長岡氏からアドバイスを受ける

研修を受ける議会広報編集委員

議会行政視察来町(8月25日)

議会報告会、議会モニター制度について意見交換

大空町議会運営委員会視察来町

産業建設常任委員会(9月2日)

 産業建設常任委員会は、「農作物の生育状況」について所管事務調査を実施した。
 農業委員会との合同で、現地調査及び聞き取り調査を実施した。また、議会としては、総務文教厚生常任委員会も同行した。
 気温については、平年より暖かく、降水量が少ない時期があった。
 農作物については、順調に推移しており、このまま天候が大きく崩れることなく、収穫の秋を迎えたい。

議員協議会(9月2日)

 第3回(9月)定例会に係る議員協議会を開催した。
 議員協議会では、町から提案された議案内容の確認、また、第2次議会の活性化に係る協議を行った。
 議会の活性化協議では、議員のなり手不足の検証を優先的に協議を進めることとしたが、今回、町民を対象にアンケート調査を実施することを決め、第3回定例会に補正予算として計上することとした。
 町民の方のさまざまな意見を参考にしながら、また、意見交換を積極的に行い、議員のなり手不足の検証を進める。

委員会協議会【総務文教厚生常任委員会】(9月2日)

 総務文教厚生常任委員会は、第3回定例会に係る委員会運営の協議調整のため、委員会協議会を開催。

委員会協議会【産業建設常任委員会】(9月2日)

 産業建設常任委員会は、第3回定例会に係る委員会運営の協議調整のため、委員会協議会を開催。

第3回定例会(9月7日)

 第3回定例会初日は、報告4件、承認3件、一般議案10件、補正予算7件、同意1件について審議可決した。
 第3回定例会日程は、9月7日~16日の予定となっている。
 11日には一般質問、14日からは決算審議を予定している。

総務文教厚生常任委員会(9月7日)

 総務文教厚生常任委員会は、第3回定例会に係る委員会の運営及び閉会中の所管事務調査などについて審議した。

産業建設常任委員会(9月7日)

 産業建設常任委員会は、第3回定例会に係る委員会の運営及び閉会中の所管事務調査などについて審議した。

議会広報編集特別委員会(9月7日)

 議会広報編集特別委員会は、議会だより第169号の編集について協議した。
 第3回定例会の審議内容等を掲載していくことを決定した。

議会運営委員会(9月8日)

 議会運営委員会は、第3回定例会の運営に係る協議を行った。
 11日の一般質問の通告が、4人の議員から提出され、審議を行った。
 また、7日に補正予算で可決された議会町民アンケート調査、議会モニター会議、議会活性化講演会などについても審議を行い、今後、議会の活性化も含め活動を行っていく。

第3回定例会(9月11日)【一般質問】

11日の一般質問では、4人が登壇し、5項目にわたり理事者の考えをただした。

第3回定例会(9月14日~15日)決算認定

第3回定例会(9月16日)

  最終日には、追加議案として一般会計補正予算について審議可決した。
 議会提出議案は、常任委員会から1件の意見書の提出について可決した。
 また、本会議終了後、議員協議会で、第2次議会の活性化について協議を行った。10月21日には、議会の活性化講演会を開催することで確認した。

議会町民アンケート調査発送準備作業(9月25日)

 このたび、第2次議会の活性化及び議員のなり手不足問題を協議する上で、町民の皆さんの意見をお聞きするため、議会町民アンケート調査を実施する。
 10月初旬に順次発送し、16日までに回答願う。
 このアンケート調査は、18歳以上の町民2000人を無作為に抽出し、データ分析を行う。
 この日は、アンケート調査の発送準備を全議員で行った。

 多くの方の回答をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

第2回議会モニター会議(9月25日)

3グループに分かれて意見交換

真剣な中にも和やかな雰囲気で

議会を傍聴しての感想など

出された意見をグループこどに発表

2015第10回マニフェスト大賞「優秀成果賞」受賞(10月1日)

優秀成果賞の主な内容

第2次議会の活性化を推進

議会広報編集特別委員会(10月14日)

 議会広報編集特別委員会は、9月開催の第3回定例会などの情報をお知らせする「議会だより第169号」の編集作業を行った。議会だよりの発行にあたっては、定例会中の9月7日を第1回目とし、9月30日、10月7日、10月14日の計4回開催した。

 発行前最終確認の第4回議会広報編集特別委員会には、議長、副議長も出席し、最終校正を行った。委員会としては、今後も引き続き、わかりやすく、見やすい編集に努め、町民に親しまれる議会だよりを目指し活動していく。

 なお、「議会だより第169号」は、10月26日の発行です。

総務文教厚生常任委員会(10月14日)

 総務文教厚生常任委員会は、所管事務調査として「自主防災組織と防災体制」について行政視察を実施するための事前研修を行った。

産業建設常任委員会(10月14日)

 産業建設常任委員会は、所管事務調査として「飼料の効率・安定的な供給などの酪農振興」について行政視察を実施するための事前研修会を行った。

議会運営委員会(10月14日)

 議会運営委員会は、報告事項として第10回マニフェスト大賞の受賞について、また、10月21日開催される「議会活性化講演会」及び第2回モニター会議の反省などについて審議した。

議員協議会(10月14日)

 議員協議会では、議会運営委員会で報告、協議された事項について説明を受け了承した。
 また、10月21日開催の「議会活性化講演会」の内容について、準備及び進行について確認した。

議会運営委員会・執行機関協議(10月14日)

 執行機関協議では、来年度に道外視察研修実施に向けた協議を行った。
 道外視察研修については、改選後すぐに、行政視察に関する基準の策定に着手し検討を重ねてきた。
 行政視察に関する基準では、事前事後研修を開催するとともに、研修後は、全議員が行政視察報告書を提出し、委員会としての報告書を作成することとしている。

議員研修会(10月21日)

札幌大学浅野教授との意見交換

議員のなり手不足問題を協議

議会活性化講演会「議員のなり手不足を考える」(10月21日)

札幌大学教授 浅野一弘氏

町民と議員との意見交換

十勝町村議会議員研修会(10月23日)

講演を聴講

十勝管内町村議会議員が一同に会し研修

総務文教厚生常任委員会:行政視察「広尾町」(10月26日)

 総務文教厚生常任委員会は10月26日、広尾町を訪問し、「自主防災組織と防災体制」について行政視察を行った。

自主防災組織等について説明を受ける

議会運営委員会(11月2日)

 議会運営委員会は、商工会から申し込みのあった一般会議や議会活性化講演会などについて審議した。

議員協議会(11月2日)

 議員協議会では、議会運営委員会で報告、協議された事項について説明を受け了承した。
 また、第2次議会の活性化及び議員のなり手不足問題について協議した。

2015第10回マニフェスト大賞「プレゼン研修大会」(11月5日)

それぞれの取り組みを発表(早稲田大学日本橋キャンパス)

浦幌町議会の取り組みをプレゼン

2015第10回マニフェスト大賞「授賞式」(11月6日)

廣瀬克哉法政大学法学部教授から表彰状を授与

マニフェスト大賞「優秀成果賞」

各部門の最優秀賞受賞者

授賞式のようす

グランプリの受賞者

最優秀受賞者と来賓

産業建設常任委員会:行政視察「上士幌町」(11月10日)

飼料の効率・安定的な供給などの酪農振興について調査

上士幌町TMRセンターを視察

一般会議(11月13日)

商工会役員との一般会議

商工業を取巻く課題と創造について
議員のなり手不足を考えるをテーマに意見交換

議会運営委員会(11月17日)

 議会運営委員会では、11月25日に開催される第4回町議会臨時会の議案内容について説明を受けた。
 今回の臨時会では、第3期まちづくり計画の変更が提案されており、後期実施計画も示された。
 町の最重要計画であるまちづくり計画は、現在、地方自治法で議決事件とされていないが、平成25年4月から施行した議会基本条例において議決事件として追加しているため、議会の議決が必要となる。
 このことから議会としても、今後5年間の計画がどのようになるのかを確認し、審議することとしている。 

第4回臨時会(11月25日)

 第4回臨時会は、11月25日、1日間の会期で開かれた。
 一般議案では、まちの最重要計画である「第3期まちづくり計画の一部変更」など4件、一般会計補正予算について審議した。
 なお、「第3期まちづくり計画の一部変更」については、特別委員会に付託し、審査することとした。

第3期まちづくり計画審査特別委員会(11月25日)

基本計画の変更について審議

詳細な説明を求め質疑

議会行政視察来町(11月26日)

 11月26日、美瑛町議会総務文教常任委員会が、「コミュニティスクールについて」の行政視察のため本町を訪れた。
 

議会運営委員会(11月30日)

 議会運営委員会では、12月7日から開催される第4回町議会定例会の議案内容について説明を受けた。
 本定例会では、マイナンバー法施行に伴う浦幌町個人番号の利用に関する条例の制定など一般議案8件、一般会計ほか5特別会計補正予算などが提案された。 

議員協議会(12月3日)

 第4回(12月)定例会に係る議員協議会を開催した。
 議員協議会では、町から提案された議案内容の確認、第2次議会の活性化、10月に実施した議会町民アンケート調査速報結果、2月に開催予定の議会報告会などに係る協議を行った。
 

委員会協議会【総務文教厚生常任委員会】(12月3日)

 総務文教厚生常任委員会は、第4回定例会に係る委員会運営の協議調整のため、委員会協議会を開催。

委員会協議会【産業建設常任委員会】(12月3日)

 産業建設常任委員会は、第4回定例会に係る委員会運営の協議調整のため、委員会協議会を開催。

第4回定例会(12月7日)

 第4回定例会初日は、11月25日に提案された「まちづくり計画の一部変更」の継続議案、一般議案8件、補正予算6件について審議可決した。
 また、議会提出議案として、選挙管理委員及び補充員について選任した。
 第4回定例会日程は、12月7日~14日の予定となっている。
 13日には日曜議会として一般質問、14日は議会提出議案などの審議を予定している。

町の最重要計画の一部変更が全会一致で可決

第3期まちづくり計画審査特別委員長から委員会審査報告

議会運営委員会(12月8日)

 議会運営委員会は、第4回定例会の運営に係る協議を行った。
 13日の一般質問の通告が、4人の議員から提出された。
 また、第2次議会の活性化講演会などについても審議を行った。

議会運営委員会(12月11日)

 議会運営委員会は、第4回定例会の運営に係る協議を行った。
 一般会計ほか特別会計補正予算の追加議案の説明がされた。
 また、第2次議会の活性化に係る協議を行った。

議員協議会(12月11日)

 議員協議会では、第2次議会の活性化として、議員のなり手不足の課題及び解決策に係る協議を行った。
 

第4回定例会(12月13日日曜議会)【一般質問】

 13日日曜議会の一般質問では、4人が登壇し、4項目にわたり理事者の考えをただした。
 年1回開催している日曜議会では、上浦幌行政区長会、南浦幌行政区長会、一般住民など29名の方が傍聴された。

議会モニターに回答(12月13日)

 9月に開催の議会モニター会議で議会モニターから提出された意見・要望等について、議会内部で検討した結果を報告した。
 「議会や議員活動に興味をもってもらえる活動を」などの意見があり、議会としてもホームページや議会だより等で積極的に情報提供していくと回答した。

議会運営委員会(12月13日)

 議会運営委員会は、第4回定例会の運営に係る協議を行った。
 当初の予定どおり14日をもって閉会することを確認した。

第4回定例会(12月14日)

 第4回定例会最終日は、一般会計補正予算ほか特別会計補正予算の2件について審議可決した。
 また、議会提出議案として、TPP合意内容の情報公開及び検証を求める意見書の提出について原案どおり可決した。
 本定例会は、毎年恒例の日曜議会もあり、延べ30名以上の傍聴があった。
 引き続き開かれた議会、町民参加の議会を目指して活動していく。

産業建設常任委員会から意見書を提出

議場などを大掃除(12月14日)

 第4回定例会終了後、議事堂、委員会室、議員控室などの掃除を全議員で実施。

議会運営委員会(12月16日)

 議会運営委員会は、議会町民アンケート調査等に係る協議を行った。

一般会議(12月16日)

東部十勝農産加工農業協同組合連合会施設の現地視察

包装されたでん粉

農畜産物取扱状況の説明を受ける

TPP大筋合意に係る農畜産物への影響について意見交換

議会広報編集特別委員会(12月24日)

 議会広報編集特別委員会は、議会だより第170号の編集について協議した。
 第4回定例会の審議内容や議会町民アンケート調査結果などを掲載していくことを決定した。

お問い合わせ先

浦幌町議会事務局
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2119 FAX:015-576-5570
E-mail:gikai@urahoro.jp

ページの先頭へ