トップ > お知らせ > 平成25年度 > 外国人住民の方の住基ネット運用開始について

外国人住民の方の住基ネット運用開始について

2013年7月8日から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されました。
住基ネットとは、居住関係を公証する住民基本台帳をネットワーク化したものであり、全国共通の本人確認ができるシステムです。この本人確認を行うために必要な、住民票コード(11桁の番号)が住民票に記載されます。住民票コードはご本人に通知しますので、届きましたら大切に保管してください。なお、運用開始にあたっては、外国人住民の方が手続きを行う必要はありません。

利用できる主なサービス

住民基本台帳カード(住基カード)の交付

住基カードはセキュリティに優れたICカードです。写真付きと写真なしの2種類があり、写真付きのものは公的な身分証明書としても使えます。交付までに2週間程度かかります。

公的個人認証サービス

住基カードに電子証明書を格納することで、一部の行政手続きにおいてインターネット申請ができるようになります。

住民票の写しの広域交付

お住まいの市区町村以外でも、住民票の写しの交付を受け取ることができるようになります。

(注)詳しくは、総務省ホームページ「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

お問い合わせ先

浦幌町役場町民課住民年金係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2113 FAX:015-576-2519
E-mail:tyoumin@urahoro.jp

お知らせ

ページの先頭へ