トップ > 産業情報 > 農業土木 > 農業経営基盤強化促進法による認定農業者制度

農業経営基盤強化促進法による認定農業者制度

 浦幌町では、効率的かつ安定的な農業経営を育成するために、農業経営の目標を明らかにするとともに、その目標に向けて農業経営の農業者に対する農用地の利用集積、これらの農業者の経営管理の合理化その他の農業経営基盤の強化を促進するため、農業経営基盤強化促進法の規定に基づき「浦幌町農業基本構想」を策定しています。

農業経営基盤強化促進法の体系(PDF)PDFファイル(105KB)

農業経営基盤強化の促進に関する基本構想(平成26年9月)(PDF)PDFファイル(2592KB)

○認定農業者とは

 農業経営基盤強化促進法に基づき、意欲ある農業者が自ら経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を市町村が認定し、その計画達成に向けた取り組みを関係機関・団体が支援する仕組みです。 農業経営改善計画の認定を受けた農業者を「認定農業者」と言います。

○認定農業者になるためには

 農業経営改善計画書を町長に提出して、「町の基本構想に照らして適切か」「達成可能な計画か」など農業経営改善計画認定推進会議の審査を受け、その計画が認定されることが必要です。また、認定された計画を変更する場合も認定同様の手続きが必要です。

<浦幌町農業経営改善計画認定推進会議>

  構成:推進委員3名(農業委員)、農協(金融部)、農業委員会(事務局)、農業改良普及センター(担当係長)

浦幌町農業経営改善計画認定推進会議設置要綱(PDF)PDFファイル(58KB)

農業経営改善計画認定申請書(Excel)エクセルファイル(93KB)

○認定農業者への支援制度

 認定農業者には、米・畑作物の収入減少緩和対策(ナラシ対策)、農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)をはじめとする制度資金や税制面での支援となる農業経営基盤強化準備金制度などの優遇措置が設けられています。

※支援制度については、それぞれ要件がありますので、詳細はお問い合わせください。

○農業経営改善計画の有効期限

 農業経営改善計画の有効期限は、認定日から起算して5年です。また、計画を変更した場合であっても有効期限は当初の認定日から起算して5年間となります。

お問い合わせ先

浦幌町役場産業課農業振興係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2181 FAX:015-576-2519
E-mail:sangyou@urahoro.jp

ページの先頭へ