トップ > メールマガジン > 平成28年 > 博物館講座「<アイヌ工芸展>木と生きる:アイヌの暮らしと木の造形」を振り返って

博物館講座「<アイヌ工芸展>木と生きる:アイヌの暮らしと木の造形」を振り返って

配信日時

平成28年2月10日(水曜日)9時00分

本文

☆博物館講座「<アイヌ工芸品展>木と生きる:アイヌの暮らしと木の造形」を振り返って☆

【日時】
2月14日(日)15時00分~16時30分(入場無料・申し込み不要)

【場所】
博物館1階特別展示ホール

【講師】
五十嵐聡美北海道立帯広美術館学芸員(聞き手:持田誠浦幌町立博物館学芸員)

【内容】
昨年から入間市博物館(埼玉県)と北海道立旭川美術館で開催されていたアイヌ工芸品展「木と生きる:アイヌの暮らしと木の造形」に、企画委員として携わった学芸員が、同展を振り返って、あらためてわかった事、気づいた事などを語ります。

お問い合わせ先

浦幌町立博物館
〒089-5614 北海道十勝郡浦幌町字桜町16番地1
電話:015-576-2009 FAX:015-576-2452
E-mail:museum@urahoro.jp

ページの先頭へ