トップ > まちの話題 > 平成26年度 > ふるさとの夏まつり

ふるさとの夏まつり

 第24回ふるさとの夏まつりが8月15日、浦幌駅前で開かれました。ジャンボふわふわ「ウラッピー」やジャンボパチンコ、サイコロなどのゲーム、空手演武や日本舞踊、フラダンス、ヒップホップ、子どもチアリーディングみらくる☆ビーンズ、浦幌中吹奏楽部、ピエロのぐっちなどが登場。さらに町内出身のシンガー・ソングライター廣川冠太さんが飛び入りで「浦幌の歌」を熱唱するなど大いに盛り上がりました。仮装盆踊り大人の部は「うらほろ千人踊りの会」が最優秀。また、先日、浦幌で世界最古の新種の貝化石を発見したことを発表した上越教育大学の天野和孝博士、金沢大のロバート・ジェンキンズ博士らも盆踊りに参加。化石発掘に使う道具を披露しながらユニークな踊りを披露しました。(写真は千人踊りの会と両博士ら化石チーム)

手裏剣シュッシュッ!ポーズもばっちりの忍者チームは子どもの部最優秀賞

手作りうらは・ほろまと「本物」がくっついて記念撮影

ピエロの「ぐっち」は大人気

「浦幌の歌」を熱唱した廣川冠太さん

お問い合わせ先

ページの先頭へ