トップ > 移住・定住相談窓口 > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊

浦幌町イメージ写真浦幌町の位置

地域おこし協力隊について

「地域おこし協力隊」は、人口減少や高齢化が進む地方において、都市部の人材を地域おこし活動の支援や農林漁業の応援、住民の生活支援など「地域協力活動」の新たな担い手として受け入れ、その定住・定着を図り、地域の活性化につなげる取り組みです。

「地域おこし協力隊」の募集について

浦幌町においても、他の地方部の小規模自治体と同様に、若者の流出による高齢化・過疎化の進行により、地域コミュニティの存続が危ぶまれています。このため、地域力を向上させ、地域コミュニティの維持・増進を図っていくことや、雇用機会を創出し、若者の定住を促進していくことが喫緊の課題となっています。
この課題を解決するために浦幌町では、地域住民と協力して過疎地域の活性化に取り組む「地域おこし協力隊」の隊員を募集します。

 

浦幌町地域おこし協力隊(うらほろスタイル・若者のしごと創造担当)の募集について

活動内容

地域おこし協力隊の活動は、浦幌町地域おこし協力隊設置要綱(平成25年4月24日告示第53号)に定める活動を基本とし、主にうらほろスタイル推進地域協議会が取り組む「若者のしごと創造事業」の活動に従事していただきます(「地域への愛着を育む事業」「子どもの想い実現事業」「農村つながり体験事業」「高校生つながり発展事業」の活動に従事することも有)。

【参考ホームページアドレス】

うらほろスタイル推進地域協議会 http://www.urahoro-style.jp/

うらほろ地域おこし協力隊 https://www.facebook.com/urahoro.chiikiokoshi

 【うらほろスタイル推進地域協議会】

協議会は、産学官民が連携し平成20年に設立しました。協議会が目指すものは「子どもたちが夢と希望を抱けるまち」を創っていくことです。現在は、大きく5つのプロジェクト、「地域への愛着を育む事業」、「子どもの想い実現事業」、「農村つながり体験事業」、「若者のしごと創造事業」「高校生つながり発展事業」に取り組んでいます。

「地域への愛着を育む事業」は、小中学校が中心となり、総合学習等の時間を活用し展開しています。「地域の魅力発見」などの体験活動を通じ、子どもたちが主体的に地域への愛着を育む取り組みを行います。

「子どもの想い実現事業」は、「地域の愛着を育む事業」などの実施により、子どもたちから提案された地域活性化の企画。この企画に託された子どもたちの「夢」、「希望」、「想い」、「願い」を大人たちの手で実現していく取り組みです。

「農村つながり体験事業」は、農林漁業体験や小学5年生時に農林漁家で生活体験、民泊を行い、食べ物を生産する営みの大切さ、感謝や思いやりの心、産地に生まれたことへの自信と誇りの育成を目指す取組みです。

「若者のしごと創造事業」は、若者の雇用の場の確保(現在は、町花「ハマナス」の生産とハマナス関連商品の開発に取組む)や、U・I・Jターンした若者や起業や創業を考える若者が集える場、活動できる場づくりを目指して取り組んでいます。

「高校生つながり発展事業」は、小・中学校をうらほろスタイルのもと育ってきた高校生に対し社会教育からサポートしています。高校生は主体的に目標を見つけ、町の大人や様々な人と関わりを持つことで、今後社会で生き抜く力を育むことを目指す取組です。

活動の詳細は、別添の平成28年2月に開催した「うらほろフォーラム2016(協議会の取組み成果を発表するフォーラム)」で使用した資料をご覧願います。

・うらほろフォーラム発表資料

(1) うらほろフォーラム2016発表資料/地域への愛着を育む事業・農村つながり体験事業PDFファイル

(2) うらほろフォーラム2016発表資料/「うらほろスタイル教育」と「浦幌町小中一貫コミュニティ・スクール」PDFファイル

(3) うらほろフォーラム2016発表資料/上浦幌中央小学校の取組PDFファイル

(4) うらほろフォーラム2016発表資料/上浦幌中学校の取組PDFファイル

(5) うらほろフォーラム2016発表資料/厚内・浦幌小学校の取組PDFファイル

(6) うらほろフォーラム2016発表資料/小学生民泊体験学習PDFファイル

(7) うらほろフォーラム2016発表資料/浦幌の教育に関わって・北海道教育大学釧路校PDFファイル

(8) うらほろフォーラム2016発表資料/子どもの想い実現事業PDFファイル

(9) うらほろフォーラム2016発表資料/若者のしごと創造事業PDFファイル

※協議会及び地域おこし協力隊の活動支援団体が活動プログラムを作成します。そのプログラムに沿って活動をしていただきます。

〔浦幌町地域おこし協力隊設置要綱抜粋〕

第2条 地域おこし協力隊は、次の各号に掲げる活動(以下「地域協力活動」という。)を行う。

(1) 地域おこし活動(地域の課題やニーズの解決に向けた活動、地域行事やイベントに関する活動、集落の維持活性化に関する活動等)

(2) 地域産業の振興に関する活動

(3) 地域間交流及び移住促進に関する活動

(4) 地域の情報発信に関する活動

(5) 観光の振興、特産品その他の地域資源の発掘及び商品開発に関する活動

(6) その他町長が必要と認める活動

募集人数

1名

応募条件

(1) 年齢20歳以上、40歳以下の方(平成29年4月1日現在)

(2) 3大都市圏または都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)に在住し、採用決定後、浦幌町内に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方

(3) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格事項に該当しない方

(4) 心身ともに健康で、過疎地域の地域おこし活動に意欲と情熱があり、地域住民とともに積極的に活動できる方

(5) 地域おこし協力隊の活動期間終了後も浦幌町内で就業・起業等を目指し、定住する意思のある方

(6) 不規則(土日及び祝日、夜間等)な活動に対応できる方

(7) 普通自動車免許を有している方

(8) パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができる方

募集の詳細

浦幌町地域おこし協力隊(うらほろスタイル・若者のしごと創造担当)募集要項PDFファイル(292KB)

応募受付

(1) 応募受付期間

随時受付し、採用次第終了となります

(2) 提出書類

   ア 履歴書(市販のもので可、写真添付のこと)

   イ 活動目標レポート(1,000文字以内、A4様式で書式自由)

     テーマ:うらほろスタイル推進地域協議会が取組む活動について

   ウ 住民票抄本

※提出いただいた書類は、理由の如何を問わず返却致しません。

募集に関する質問等

※募集に関する質問はこちらの質問書にご記際のうえ、郵送、電子メール又はFAXでお伝えください。ワードファイル(19KB)

お問い合わせ

浦幌町役場まちづくり政策課まちづくり推進係

〒089-5692 十勝郡浦幌町字桜町15番地6

電 話:015-576-2112

FAX:015-576-2519

メール:mati@urahoro.jp

 

 

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課まちづくり推進係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ