トップ > 移住・定住相談窓口 > 体験された方の声 > 平成28年3月体験 道内在住 A様

平成28年3月体験 道内在住 A様

移住体験をしようとした理由は何ですか?

もともと仕事を辞めることは決めていたので、せっかくならあまり住んだことのない田舎に暮らしたかった。実際どのぐらいお金がかかるのか、田舎での独り暮らしに耐えられるのか試してみたかった。

滞在中は、どのようにお過ごししましたか?また、気が付いたことなど教えてください。

思った以上に都会で、コンパクトな街だと思った。スーパーも値段が安く、半額品などもあり生活はかなりしやすいです。

今後、移住体験される方へアドバイス

アドバイスできるほど経験があるわけではないのですが、移住に関する情報はかなり探しにくく、ポータルサイトがあるわけでもないので、自分の場合は市町村のホームページを手あたり次第に見ていくしかありませんでした。その中で気づいたのは、サービスが各市町村によって全く違うため、しっかりとホームページを見ていく事が大事だということと、残念ながら全ての市町村が更新を積極的に行っているわけではないので、電話をして直接尋ねないとわからないことが多いということです。移住の情報に感じては、自分から積極的に情報収集するより他ないと思います。また、これはあくまで僕の個人的な感想なのですが、3月から4月にかけて移住に関する情報が色々と出やすいような気がします。あくまで憶測なのですが、予算の都合でしょうか。春先は移住に向けて動くいい機会だと思います。

移住体験企画に関してのご意見

自分の場合は仕事先より住宅先があるかどうかを重要視していたので、体験企画後に移住できる場所が多いと助かります。上にも書いたのですが、僕は北海道に移住先を調べるとき、市町村のホームページを手あたり次第検索していきました。北海道全域の移住情報をまとめ、情報の比較ができるポータルサイトがなかったからです。(北海道の移住情報を取り扱うサイトもありましたが、そこで情報をひとまとめに確認できるという規模ではなかったと思います。)一例をあげると、高知県は「高知家で暮らす」というところから、高知県内の市町村 の移住体験できる施設を一覧で確認することができます。こうした、北海道の(もしくは十勝管内の)移住情報を一目で確認できるサイトが一つあると、移住を希望する人が情報を得やすくなると思います。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課まちづくり推進係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ