トップ > 移住・定住相談窓口 > 体験された方の声 > 平成26年8月体験 京都府在住 T様家族

平成26年8月体験 京都府在住 T様家族

Sfusai

移住体験をしようとした理由は何ですか?

 京都の夏は暑過ぎて、普通の生活ができません。

外出せず、クーラーの部屋でゴロゴロしているのは健康的ではないので、涼しくさわ

やかな北海道で健康的に暮らしたいと思いました。

実際に暮らしてみた浦幌の印象はいかがでしたか?

 のどかな、おだやかな町ですね。

気持ちの暖かな親切な方々にたくさんお会い出来て、本当にこの町に来られた事、感謝です。

もう少し滞在したかったです。1か月はあっという間でした。

勝毎に夫も孫も妻も掲載された事、一生の思い出となりました。

滞在中は、どのようにお過ごししましたか?また、気が付いたことなど教えてください。

普段、我が家にいるように過ごしました。

浦幌十弗線から瀬多来吉野線のサイクリング。忠類に馬の外乗。札幌キタラに知人一家のコンサート。浦幌のふるさと祭りにゆかたを着て見学、ビンゴ参加。森林公園探索。関西の孫と東京の長女が遊びに来た。お豆腐づくり体験。模範牧場見学。パークゴルフ。留真温泉。楽しい日々でした。

今後、移住体験される方へアドバイス

 積極的に体験参加されると良いですね。

ラジエントヒーター(IHコンロの一部)は焦げつきやすいので使わないほうが良いと思います。

移住体験企画に関してのご意見

 この企画の益々の発展を願っております。

何軒もできて(ここの体験住宅程すばらしくなくてもOK)期間も長く出来ると良いですね。

移住体験は私達にとっては、優先順位1位の年間行事です。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課まちづくり推進係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ