トップ > 移住・定住相談窓口 > 体験された方の声 > 平成25年7月体験 大阪府在住 K様ご夫妻

平成25年7月体験 大阪府在住 K様ご夫妻

K様ご夫妻の写真

移住体験をしようとした理由は何ですか?

私たちが加入しているロングステイクラブの友人からの紹介で、「浦幌町はとてもいいから」と推薦があったので移住体験をしました。
(ロングステイクラブ:長期滞在旅行の情報を相互に交換をする場)

実際に暮らしてみた浦幌の印象はいかがでしたか?

町や関係者の皆さんのサポートがしっかりしているのが良かったです。周辺の皆さんとは、大阪にいるよりも交流がありました。本当にこれはびっくりしました。疎外的というか、付き合いがないと思っていました。困ったこととは、書店にほしい本がなく、浦幌に来て、すぐに予約すれば良かったと思った点です。

滞在中は、どのようにお過ごししましたか?また、気が付いたことなど教えてください。

町内でのパークゴルフや様々なサークル活動に参加しました。また、交流会の際に知り合った方のお宅にお邪魔したり、You遊ナイトというイベントへの参加、豆腐作り体験もしました。期間中、地方紙の十勝毎日新聞を購読しましたが、十勝のことがとてもよくわかりました。

今後、移住体験される方へアドバイス

体験される方が、進んで色々なところに参加するのを提案します。イベントや企画に積極的に参加して、思った以上の面白みや付き合いができます。ゆっくりするのもいいですが、交流がすごく楽しい、町を歩いていても挨拶ができる。感心したことは、中学生が私たちにも「こんにちは」と声をかけてくれる。ここは本当にいい町だなと思いました。

移住体験企画に関してのご意見

贅沢をいうと体験期間が1か月では足りない。皆さんともう少し仲良くなれるというメリットもあるのですが、町の経済的な面からみますと、1か月だと調味料など購入を我慢する品物も出てくるので、町に経済面で貢献することができない。長期で体験できるようにしてほしいと願っています。ですが、1か月でも浦幌の良さは十分にわかりました。

お問い合わせ先

浦幌町役場まちづくり政策課まちづくり推進係
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話:015-576-2112 FAX:015-576-2519
E-mail:mati@urahoro.jp

ページの先頭へ