トップ > 町政情報 > 各種計画 > 浦幌町第8期社会教育中期計画

浦幌町第8期社会教育中期計画

第1章 計画の策定にあたって

1.策定の意義

近年の社会情勢は著しく変化しており、経済のグローバル化や少子高齢化、情報化社会の進展や価値観の多様化、さらには東日本を襲った未曾有の大震災の影響による社会構造の変化など、地域社会や家庭のあり方も大きく変わってきています。また、人間関係や地域における地縁的なつながりの希薄化を背景として、地域の教育力が低下し、子どもたちを取り巻く環境にも変化が生じております。そうした中、その変化に対応したくましく生きていくためには、これまで以上に町民のニーズを的確に把握し、学習機会の提供に努めるとともに、町民一人ひとりが、学んだことを地域や日々の生活の中で生かしていく仕組みづくりが求められています。さらに、次代を担う子どもたちの健やかな成長と「うらほろスタイル教育」創出のため、平成27年度からスタートしました「浦幌町小中一貫コミュニティ・スクール」や「浦幌町教育の日」の取組を通じ、家庭・学校・地域社会がそれぞれの教育力を高め、地域総ぐるみで確かな学力や豊かな心、健やかな体を育む環境を整える必要があります。本町ではこれまで、7期にわたる社会教育中期計画を策定し、生涯学習社会の確立に向けた社会教育の推進を図ってきましたが、社会情勢の著しい変化に伴い町を取り巻く状況並びに町民意識が多様化・高度化していく中、柔軟かつ創造的な視点から計画を立案することが必要となり、関連する諸計画の整合性を図りながら、浦幌町の歴史と風土に根ざした独自性のある教育の形を具現化するため、第8期浦幌町社会教育中期計画を策定するものです。

2.基本的な考え方

第8期浦幌町社会教育中期計画では、「浦幌町第3期まちづくり計画」や「浦幌町小中一貫コミュニティ・スクール」、「浦幌町教育の日」との整合性を図りながら、これまでの反省評価で明らかとなった現状と課題を捉え、今後の推進する活動領域、対象領域、各分野における取り組むべき方向性などを各専門部会において示し、さらに目標・施策などの関連性を生涯学習推進部会において体系化し、生涯学習社会の確立を目指します。

3.計画の期間

平成28年度から平成32年度までの5ヵ年とし、社会教育委員の会議等で適宜計画の進捗状況を確認していく。

4.計画の内容

第8期社会教育中期計画書PDFファイル(3448KB)

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

浦幌町教育委員会社会教育係
〒089-5614 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地5
電話:015-576-2127 FAX:015-576-3352
E-mail:syakyou@urahoro.jp

ページの先頭へ